ダイビング器材 オーバーホール専門店 オーバーホールセンター 本文へジャンプ
オーバーホールとは?


オーバーホールとは?
 オーバーホールとは器材の修理、検査をする事です。
 オープンウォーター講習で、100本に1回または1年に1回出すと良いと説明があったと思います。
オーバーホールの作業工程は?
 オーバーホールとは何処までするものなんでしょう?
  簡単に手順を説明しますと、
   ・分解
   ・洗浄
   ・組み立て
     メーカーから指定されているオーバーホール時の交換パーツO−リング、シート
     傷ついているパーツなどの交換
   ・器材の設定(メーカーから指定された数値にする)
   ・水漏れ検査
  このような手順で行います。

何処でオーバーホールしても同じ?・・・ではありません。
 「お客様の安全、安心のために・・・」当社が自慢できるシステム、設備を、他の業者と比較してもらえるように説明致します。(文中赤文字)


1.受付
 お客様のレギュレーターのカルテを作成いたします。   
  • お名前、レギュの製造番号など
コンピューター管理なので一度当社にてオーバーホールを行ったレギュの記録はいつでも参照できます。
2.受け入れ
 お預かりした時点で器材の状態をチェックします。   
  • 1stの中圧値   
  • 2ndの初動抵抗値
  • 各部からのエアー漏れ等。
この位はほとんどの業者でやっていると思いますよ。
3.分解
 可能な限り分解します。
これもしているのが普通です。「分解せずに洗浄だけしてる」業者なんて無いと思いますけど・・・・交換した部品が帰ってくるのかとかは大きな目安になりますよ。
4.洗浄
 超音波洗浄で洗浄します。
 当社はBRANSON社の超音波洗浄器を用います。
  • 1秒間に4万回以上繰り返される、超音波のキャビテーション(泡が膨張され空洞が作られる)により短時間に精密・完璧に洗浄を実現します
超音波洗浄機での洗浄は常識です。細かいところは手洗いとかブラッシングだけでは落ちません。洗浄機での洗浄後もちろんブラッシング&電動工具でのバフがけ(手作業)も行います。洗浄液はホスニンを使用してます。(非常に高価ですが、緑青を良く落とし、メッキに優しいです)以前他の洗浄液を売りに来た薬品業者も驚いてこれをサンプルに買って行ったこともあります。また酸などはメッキも剥がしてしまう為お勧めできません。
5.組み立て
 2で分解した部品を組み立てます。
 この時メーカー指定の交換パーツ(Oリング、シート等)
 傷や劣化して使えなくなったパーツを交換します。


 
純正部品に交換されてますか?交換されたパーツは確認できますか?
6.トルク管理
 トルクレンチを用いメーカー指定のトルク値で組み立てます
こんなに沢山のトルクレンチを使ってます。この他にも特殊なアダプターなどを自社で製作しています。
7.調整
 1stの中圧値、2ndの初動抵抗値をメーカー規定値に調整します。
全てのレギュの中圧値だけでなく初動抵抗値も測定します。ほとんどの業者が中圧値の測定のみですよ。
7.リークテスト・最終チェック
  • リークテスト時は230kg/cuの高圧力でチェックします
  • 各締め付け部分からのエアー漏れをチェックします
  • 再度、器材の1stの中圧値、2ndの初動抵抗値をチェックします
  • NEXT O/Hシールを貼ります
  • ホースプロテクター、アクセサリーを器材に戻します
最終検査は通常使う空気圧の10%増しの230気圧で検査しております。この高圧検査はコンプレッサーがある当社ならではの検査になります。*この検査をするためにウン千万円の設備を導入いたしました。 「お客様の安全、安心のために・・・」
8.検査
 必ず作業実施者の他に検査を行っております。
いわゆるダブルチェックです。
9.出荷
 器材が傷つかないように丁寧に梱包します。

おまけ
こんなのも使用します。
自動パージ機(機械で呼吸をしている状態を作り出します)
一時間で約200回のパージが可能です高圧シートをなじませたり検査で使用します。
機械で無いとやってられませんよね。無いところはどうしているのかな?・・・まさかず〜と咥えてたりして
 「お客様の安全、安心のために・・・」100%のお客様に満足いただけるよう今後とも努力してまいります。


オーバーホールセンター
〒114-0031 東京都北区十条仲原2-6-11
電話  03-5924-2344
FAX  03-5924-2343